ミズホの初代タコスロ

ミズホの初代タコスロについて

一般的な4号機で、基本的にビッグボーナスとレギュラーボーナスでメダルを増やします。

通常時から子役を取りこぼさずにプレイし、
尚且つリプレイハズシも併用することにより
かなりスペックが甘くなります。

通常時、ある場所を毎ゲーム正確にビタ押しすることで
4コマ滑りでスイカorビッグボーナスと非常に楽しく
且つ気持ちの良い打ち方が懐かしいです。

ビッグボーナス中のリプレイハズシですが
ビタ押しが必須で難易度は高めです。
逆押しで、リプレイのテンパイラインがバラバラで
なかなか難しいのですが、右リール下段にバー絵柄を
ビタ押しすることで、リプレイのテンパイラインを
中段に限定することが可能ですので
最終的にハズシを行う左リールの目押しが
幾分かは難易度が下がるものの、
クランキーコンドルに比べてかなり難しかったと
記憶しています。

15枚子役がないぶん、体感では効果が薄く感じました。
しかしながらリプレイハズシ自体が楽しかったです。

今では得られない、
古き良き時代のスロットのゲーム性が復活して欲しいと思います。